Gスポットを刺激して性感を高める前戯(絶頂ピストンメソッド 第1章)

ベテランAV女優の北条麻妃が解説するセックスのテクニック教材「絶頂ピストンメソッド」は、主にGスポットの刺激によって女性をセックスの本番ピストンでオーガズムに導くための方法を解説しています。
⇒教材(動画)のダウンロードはこちらから

ナカイキするために前戯はとても重要

「絶頂ピストンメソッド」というタイトルですし、ナカイキとは「ペニスを挿入してのピストンの刺激でイカせる事」ですから、体位やピストンのやり方の方に注目してしまう方が多いと思います。中には「前戯の事はどうでも良い」と思っている方もいるかもしれませんね。
しかしそれは大きな間違いです。
前戯を疎かにしては、女性のセックスの快感・満足感ひいてはナカイキなんて出来ません。
前戯を「挿入できるように膣を濡らすためにやらなければならない行為」なんていう風に考えてはいけません。

前戯でGスポットを刺激を行って性感を高め、さらに本番でもGスポット刺激でイカせる

突然ですが、男性であるあなたは挿入する前にパートナーにペニスを弄ってもらいますか?
手コキ、パイズリ、フェラなどで刺激されて気持ちよくなってから本番に臨む時と、挿入するまで一切ペニスを刺激してもらわなかった時、どちらがピストンで射精までの持続時間が長くなりますか?
前者の方が早く射精してしまいますよね。挿入前に既にペニスを刺激されて性感が高まっているのですから、射精というゴールにある程度近付いてから本番を始めているというわけです。

乱暴な言い方をすると女性の膣内の快感だって同じ事。
本番前に膣内の性感帯をしっかり刺激してオーガズムというゴールに近付いた状態で本番ピストンに臨めば、すぐにオーガズムに到達するのです。

Gスポットは「探り当てて」刺激する

女性だって前戯で気持ちよくなっておけば本番でイクまでも早くなるんじゃないの?くらいに何となく思っている人もいるかもしれません。
でも前戯でいっぱいアソコ触ってあげても本番でイってはくれないよ。こう思っている人もいるでしょう。

まず膣内の性感帯の刺激でイカせる事が目的なのですから、膣内の性感帯すなわちGスポットをしっかり刺激してあげなくてはなりません。これが出来ていない人が多いのです。
クリトリスは見た目に誰にでも分かりますし、非常に敏感な部分なので弄ってあげれば間違いなく女性は快感を感じます。しかしGスポットはまず見た目に分かる部分ではないので探り当て方を知らないとそもそも刺激出来ませんし、やみくもに刺激しても気持ちよくなれません。女性も自分自身でどこにGスポットがあるのか知らない人もいます。
しかしだからと言ってクリトリスだけ刺激しても「Gスポット刺激でオーガズム」というゴールには近づけません。
(「絶頂ピストンメソッド」動画中で特に触れられてはいないのですが、一口に女性器と言ってもクリトリスと膣内では快感を司る神経が異なるという事が医学的に分かっています。※参考⇒膣開発法.biz)

2種類の探り当て方・刺激の仕方

絶頂ピストンメソッドではGスポットを探り当てて刺激する方法を2種類紹介しています。
片方は簡単に出来るやり方、もう一つは比較的難しいやり方です。位置には個人差が多少あるので、刺激をしながら女性の反応を見て位置を探っていくという感じで行います。
セックスでもオナニーでもクリトリスでしか快感を感じた事がなく、Gスポットがどこなのか自分でも分かっていないという女性の場合、この前戯だけで未知の強烈な快感です。この前戯の部分だけでも夜の生活を充実させてくれるでしょう。

絶頂ピストンメソッド

開発無しで膣内オーガズム(中イキ)を実現する

セックスの「本番」、ペニスを挿入してのピストンで女性がオーガズムに達する「ナカイキ」。
これを膣の開発無しで実現してしまうテクニックを解説している動画が「絶頂ピストンメソッド」です。
⇒絶頂させるテクニックを動画で見る

激しいピストンをしても女性はオーガズムに達しません

とにかく激しく膣内を刺激すれば感じるんじゃないか?女性がオーガズムに達するんじゃないか?
こんな風に考えてしまうのは全くの間違いです。男性のペニスは激しく刺激された方が性感が強くすぐに射精というオーガズムに達しますが、女性はそうではありません。

AVで男優が激しく腰を動かしてピストンして女優がアンアンと喘いでイクというのがよくありますが、あれはあくまでも演技、フィクションです。AVはあくまでも映像作品ですので、内容を鵜呑みにして本当にセックスで行っても有効ではありません。
※参考:膣イキ.xyz「ナカイキに激しいピストンは必要ありません」

Gスポット刺激による膣イキの方法がメインです

「絶頂ピストンメソッド」というタイトルですが、女性を膣内オーガズムに導くのに必要なのはピストンだけではありません。その前段階である前戯でしっかりとGスポットを刺激して性感を高め、さらにGスポットを刺激出来るやり方・体位で本番を行う事でオーガズムへと導きます。
この「Gスポットを刺激する前戯」と「Gスポットを刺激するピストンのやり方」が動画のメインとなっています。

ちなみにGスポットを刺激出来る体位は3種類。
しかしこれは単にこの体位でセックスをすればGスポットが刺激出来るという事ではありません。3つとも普通にその体位での本番を行うのではなくやり方を工夫しています。中には普通にやるとGスポット刺激には適していない体位もあるくらいです。

早漏でも女性をナカイキさせられる

セックスで女性が満足するほどの快感を与えられる前に射精してしまって悩んでいる男性は数多くいます。そういった男性の多くは早漏を改善しなければ女性を満足させられないと考えがちです。
しかし絶頂ピストンメソッドのやり方を使えば、長時間のピストンは必要なく女性はナカイキに達します。3擦り半で射精してしまうような極度の早漏だと無理かもしれませんが、特別長くピストンし続けられるような持続力は必要ありません。

さらに動画の第5章では、男性が長持ちするテクニックも紹介されていますので、これも是非使いましょう。

男女が同時にイク方法

セックスの本番で快感が高まり、女性がナカイキすると同時に自分も射精する。
こんな事、誰でも夢見るとは思いますがそんなのエロ漫画とかAVだけでしかありえない・・なんて思っていませんか?
実はこれ、そんなに難しくありません。
もちろん女性をナカイキさせる事が出来なくては無理ですし、かといって極度の遅漏でも不可能。しかしナカイキさえ出来ればもう同時にオーガズムなんて出来るようなものです。

ナカイキの快感に淫らな姿を晒すパートナーを抱きながら、オーガズム中の膣内の刺激で射精する幸福感をぜひ味わってください。

北条麻妃が教える膣開発法(ナカイキさせる方法)

ナカイキ(膣内オーガズム)とは?

ナカイキとは、セックスの本番であるペニスを膣に挿入してのピストン運動で女性がオーガズムに達する、つまりイってしまう事を言います。
膣内の快感でオーガズムに達してしまうという事です。「膣イキ」「ナカイキ」などと呼ばれます。

>>開発法によってナカイキする女性(動画)

 

ナカイキの快感は、クリトリスオーガズムとは比べ物になりません

女性のオーガズムで最も簡単なのがクリトリスを刺激して達するもの。いわゆる「クリイキ」ですね。本番前の前戯で必ずと言っていい程男性はクリトリスを愛撫しますし、この時点でイカせた経験のある男性も少なくないと思います。
また、女性のオナニーで一般的なのもクリトリス刺激で、セックスを経験する前に既にオナニーでクリトリスオーガズムを経験している女性も少なくありません。

クリイキもオーガズムには違いないのですが、膣内オーガズムはクリトリスオーガズムとは比べ物になりません。
クリイキよりも遙かに深くて長いで全身が包まれるのが膣内でのオーガズム。
時には女性が痙攣をしたり、まるで獣のように夢中で腰を振り続けてしまうのです。

クリトリスによるオーガズムでは決してこのような状態にはなりません。

膣内性感帯とクリトリスは神経が違う

膣内にある性感帯(Gスポットやポルチオ等)とクリトリスとでは司る神経が違います。このためにクリトリスで得る快感と膣内で得る快感が違うのは科学的にも根拠がある事です。

ナカイキの効果・メリット

セックスの時にナカイキさせられるというのは男女双方にとって大きなメリットがあります。

ピストンで女性を絶頂させられる事自体が最高の幸せ

言うまでもなく、セックスにおいて本番ピストンは精神的にも得られる快感の大きさからしても最高の瞬間であり、クライマックスです。
前戯で彼女の身体をたくさん触り、あるいは触られながら愛を語り合い、最高に興奮してギンギンに勃起したあなたのペニス。それを彼女の膣に挿入し、抱き合いながら互いのペニスと膣を擦りあって気持ちよくしあう。
このペニスと膣の擦りあいで彼女がイクのです。あなたのペニスが挿入されピストンする事で彼女の膣が刺激されて快感を感じ、その高まりの末にイクのです。
当たり前の事を書いていますが、これって最高に幸せなことですよね。男として最高に満たされる事です。

あなただけでなく彼女もセックスで確実に満たされます

男女とも最高に高まる瞬間が本番のピストンですが、ナカイキさせる事が出来ない場合、男性であるあなただけは射精という形で本番の高まりを全うできますが、彼女の方はせっかくの高まりは全うされずに終わってしまう形になります。
あなたはセックスやオナニーをして射精しないで終わる事がありますか?
無いですよね。せっかく気持ちよくなってきてムラムラするのにイカずに終わるなんてありえないでしょう。
でもナカイキさせらないという事は、セックスの時に彼女はそういう状態になっているという事です。

もちろん射精後に彼女のクリトリスを弄ってイカせてあげたりしている人も多いと思います。しかしあなたが射精してピストンを中断した時点で、せっかくの彼女の高まりは確実に冷めてしまいます。あなたのペニスのピストンで高まっていたのですから、そのままピストンで絶頂しなくては満たされないのです。
こうなってしまうと、彼女はセックスをあなたのために”してあげている”状態になってしまいます。セックスに対して気持ちが前向きではなくなってしまい、いつかあなたにせがまれても拒むようになってしまうかもしれません。
ナカイキさせる事が出来れば、あなたも彼女も双方ともに満たされます。互いが快感を楽しむ時間となり男女が対等な関係となれるのです。

満たされるというだけでこれだけの効果があるのですが、前述のようにナカイキはクリトリスオーガズムとは比べ物にならない快感の深さ・長さのために実は男女双方が満たされる以上の効果があります。

女性はあなた以外とのセックスが考えられなくなり、あなたに依存します

何度も言いますが、ナカイキの快感はクリイキとは比べ物になりません。神経からして違うので遙かに大きくて深く、長い快感が全身を包むために理性が飛んでしまっていやらしい姿を晒す事になります。
このとてつもない快感は間違いなくクセになります。
毎晩のようにあなたにセックスを求めてくるようになることも。

加えてこのナカイキは、詳細は後述しますが手順を踏んで開発を行わなくては出来ません。そして世の男性のほとんどはまずこの開発の方法を知りません。したがってもしあなたが彼女をナカイキさせる事が出来たなら、それは彼女にとって今まで味わったことの無い凄まじい快感なのです。それはもうクセになります。
たとえあなたの彼女があなたと付き合う以前に何人もの男性と身体を重ねた事があったとしても、ナカイキをした事はまずないです。
彼女をナカイキさせられるのはあなただけという事。もう彼女は絶対に他の男とのセックスなんて考えられないでしょう。

ナカイキしたいがために手術する人がいる-オーギュメンテーション-

何と、ナカイキさせやすくなるための手術「オーギュメンテーション」というのが存在します。一度ナカイキを経験すると病み付きになってしまうため、また確実にナカイキしたいがためにこの手術を受ける人が多いのでしょう。
手術ですよ。そこまでしてまた経験したいと思う程にナカイキの快感と言うのは凄まじいのです。

>>膣開発法の動画はこちらから

ザ・シークレットゾーン(第4の性感帯)の効果

北条麻妃の「ザ・シークレットゾーン」は一般にあまり知られていない「第4の性感帯」の存在と、その性感帯でオーガズムに達するための愛撫方法を解説している動画教材です。
>>動画のダウンロードはここから出来ます

「クリトリス」、「ポルチオ」、「Gスポット」辺りが一般にもよく知られている性感帯だと思いますが、これ以外にも女性の性感帯は存在します。
セックスのマンネリを防ぎ、より夜の生活を充実させるには刺激・快感のバリエーションを多くするのは大切な事。第4の性感帯は一般には多く知られていないので、あなたのパートナーがあなたと出会う前にどれだけの男性と関係を持っていたとしても間違いなく新鮮な快感と感じるはずです。

さらに第4の性感帯は、他の性感帯のオーガズムには無い特徴を持っています。

それはなんと「連続でのオーガズムが可能」という点です。

おそらくあなたも、クリトリスを弄ってパートナーをイカせた経験くらいはあるかと思います(無かったらすみません・・。)
クリトリスを刺激してイカせた後そのまま、まだ弄ってみた事はありますか?おそらく女性は確実に嫌がると思います。イった直後のクリトリスはかなり敏感になっていて触ると痛いのです。

しかし第4の性感帯は違います。
イった後でもそのまま刺激し続けてまたイカせるという離れ業が可能なんです。何度でも何度でもイキます。ただ第4の性感帯に限らずオーガズムに達する時は体力を消耗するので、パートナーの女性の体力に気を使いながら連続で絶頂させてあげましょう。

北条麻妃 潮吹きオーガズムの効果(スクワーティング・オーガズムマスター)

北条麻妃の「スクワーティング・オーガズムマスター」は、女性を潮吹きさせながらイカせる方法です。
女性の潮吹きは、見た目のインパクトからかオーガズムを感じている時に起こると思っている方が少なくありませんが、これは間違いです。
必ずしも女性が気持ちよくなっているとは限りません。
>>女性が気持ちよい時の潮吹きの動画

女性が気持ちの良い潮吹きと、そうではない潮吹き

女性が気持ちよい潮吹きとそうではない潮吹きの違い、それは脳の状態の違いなんです。
クリトリスの刺激と潮吹きを連動させるテクニックを使う事で、女性の脳は潮吹きを気持ちよいと感じられるようになるのです。
このテクニックを用いなくては、女性は潮吹きと同時にオーガズムを感じる事は出来ません。

潮吹きをしている時、女性は全身の力が抜けた状態になります。この脱力している状態の時に別の快感を与えると女性は身をすくめてしまいますが、この時にオーガズムに達してしまうとその快感が全身を駆け巡るような通常ではありえないような深いオーガズムになります。

潮吹きと同時にオーガズムを感じる「スクワーティング・オーガズム」に達する事が出来るようになるには、まず潮吹きが出来る身体を作る事が必要になります。その上で、潮吹き時の脱力状態の時にオーガズムに達してしまう事が出来るように奥Gスポットの開発を行う必要があります。

潮吹きと同時のオーガズムはクセなる

潮吹きと同時のオーガズムは、間違いなくあなたのパートナーの女性を病みつきにすると断言出来ます。
まず潮吹きを経験した事のある女性は少なく、女性が気持ちよくなれる潮吹きを経験した人となるとさらに少ない・・・と言いますかほぼいないと言って良いでしょう。そのため気持ちの良い潮吹きというだけで女性にとっては未知の快感です。
さらにその潮吹きの脱力した状態でオーガズムに達すると、オーガズムの強い快感が全身を駆け巡るという、他のセックスのやり方ではまずありえない深さのオーガズムを体験する事になります。

この潮吹きオーガズムが出来るようになるには、手順を踏んで一種の開発を行う必要があります。この手順を知らなければ絶対に実現出来ません。「気持ちの良い潮吹き」を経験した女性も少ないですが、潮吹きと同時のオーガズムとなると経験者なんてほとんどいないでしょう。それだけに、どんな女性だろうとこの快感は新鮮でクセになり、あなたとのセックスを求めるようになるでしょう。
たとえ本番ピストン時にペニスでイカされる「ナカイキ」を経験している女性であっても、この潮吹きオーガズムの快感は新鮮でクセになることうけあいです。

奥Gスポットの開発法

潮吹きをしながらオーガズムに達するためには、「奥Gスポット」の開発を行う必要があります。
>>奥Gスポットの開発法の動画

奥Gスポットの刺激が快感であるという事を女性の脳に認識させる事が、潮吹きと同時のオーガズムを実現する為に必要不可欠です。
三点刺激法で奥Gスポットを開発したり、奥Gスポットでイク経験をする事で女性の脳に奥Gスポットの快感を認識させましょう。

潮吹きができる身体が出来ていて、奥Gスポット刺激の快感を覚えている状態になれば、潮吹きオーガズムの開発は完了です。
潮吹きをさせ、身体が脱力している時に奥Gスポットとクリトリスを刺激してやる事で潮吹きしながらオーガズムに達し、その快感は女性の全身を突き抜ける強烈なものとなります。