Gスポットを刺激して性感を高める前戯(絶頂ピストンメソッド 第1章)

ベテランAV女優の北条麻妃が解説するセックスのテクニック教材「絶頂ピストンメソッド」は、主にGスポットの刺激によって女性をセックスの本番ピストンでオーガズムに導くための方法を解説しています。
⇒教材(動画)のダウンロードはこちらから

ナカイキするために前戯はとても重要

「絶頂ピストンメソッド」というタイトルですし、ナカイキとは「ペニスを挿入してのピストンの刺激でイカせる事」ですから、体位やピストンのやり方の方に注目してしまう方が多いと思います。中には「前戯の事はどうでも良い」と思っている方もいるかもしれませんね。
しかしそれは大きな間違いです。
前戯を疎かにしては、女性のセックスの快感・満足感ひいてはナカイキなんて出来ません。
前戯を「挿入できるように膣を濡らすためにやらなければならない行為」なんていう風に考えてはいけません。

前戯でGスポットを刺激を行って性感を高め、さらに本番でもGスポット刺激でイカせる

突然ですが、男性であるあなたは挿入する前にパートナーにペニスを弄ってもらいますか?
手コキ、パイズリ、フェラなどで刺激されて気持ちよくなってから本番に臨む時と、挿入するまで一切ペニスを刺激してもらわなかった時、どちらがピストンで射精までの持続時間が長くなりますか?
前者の方が早く射精してしまいますよね。挿入前に既にペニスを刺激されて性感が高まっているのですから、射精というゴールにある程度近付いてから本番を始めているというわけです。

乱暴な言い方をすると女性の膣内の快感だって同じ事。
本番前に膣内の性感帯をしっかり刺激してオーガズムというゴールに近付いた状態で本番ピストンに臨めば、すぐにオーガズムに到達するのです。

Gスポットは「探り当てて」刺激する

女性だって前戯で気持ちよくなっておけば本番でイクまでも早くなるんじゃないの?くらいに何となく思っている人もいるかもしれません。
でも前戯でいっぱいアソコ触ってあげても本番でイってはくれないよ。こう思っている人もいるでしょう。

まず膣内の性感帯の刺激でイカせる事が目的なのですから、膣内の性感帯すなわちGスポットをしっかり刺激してあげなくてはなりません。これが出来ていない人が多いのです。
クリトリスは見た目に誰にでも分かりますし、非常に敏感な部分なので弄ってあげれば間違いなく女性は快感を感じます。しかしGスポットはまず見た目に分かる部分ではないので探り当て方を知らないとそもそも刺激出来ませんし、やみくもに刺激しても気持ちよくなれません。女性も自分自身でどこにGスポットがあるのか知らない人もいます。
しかしだからと言ってクリトリスだけ刺激しても「Gスポット刺激でオーガズム」というゴールには近づけません。
(「絶頂ピストンメソッド」動画中で特に触れられてはいないのですが、一口に女性器と言ってもクリトリスと膣内では快感を司る神経が異なるという事が医学的に分かっています。※参考⇒膣開発法.biz)

2種類の探り当て方・刺激の仕方

絶頂ピストンメソッドではGスポットを探り当てて刺激する方法を2種類紹介しています。
片方は簡単に出来るやり方、もう一つは比較的難しいやり方です。位置には個人差が多少あるので、刺激をしながら女性の反応を見て位置を探っていくという感じで行います。
セックスでもオナニーでもクリトリスでしか快感を感じた事がなく、Gスポットがどこなのか自分でも分かっていないという女性の場合、この前戯だけで未知の強烈な快感です。この前戯の部分だけでも夜の生活を充実させてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です